先生の一言

先生の一言

先日お客様の結婚式に出席しました。この年になると結婚式とは縁遠くなるので、大喜びで参加させていただきました。幸せオーラが漂っていてサイコーでした。作らせていただいたドレスも喜んでいただけたみたいで、ホッとしました。感じの良い二人で、ちょっと親感覚で見てしまいました~。何年後かには現実になるかも・・・・・・・・話は、変わりますが、何年か前に人間ドックで貧血だといわれ、原因を探すため、産婦人科に行きました。行った病院の先生が「このぐらいの値、産婦人科では、沢山いるから・・・・・」といわれあまり気にせず生活していました。病院嫌いの私は、ほっといたら、どんどん悪くなり、正常な方の半分の血の濃さに今年の夏は到着。めまい、呼吸困難、閉所恐怖症、異常食、地下鉄怖い、夜が怖い、地下にあるレストランにも入れない、階段は、息切れ、今考えると、精神状態も不安定で、そう、うつ状態。自分を忙しいからと、年のせいだと励まし続けていました。結果は貧血の悪化。医療関係の方はみな、本気で驚いてくれます。つらいでしょ!と、夏行った病院の先生に「体がきついのですが、つらくてよいのですか?」先生「当たり前です!あなたが普通の生活が出来ているのが不思議です。」といわれ、変かもしれませんが、理解してくれた人がいて本当に嬉しかった!鉄を飲み出したらみるみるお困り症状が消えていきました。このままでは、手術も途中で亡くなる危険性があるから出来ないので、といわれ、今は、がんばって、貧血を治しています。貧血を馬鹿にしたらみなさんいけませんよ~。人のひとことって怖いですよ。産婦人科に行ったときの数字も他の先生なら治療する数字でした。今思うとね!健康な精神は、健康な体から・・・ですね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.p-rouge.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/88

コメントする